L'essentiel est invisible pour les yeux.


by sa-tommy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:movies( 13 )

グラン・ブルー

【過去ネタ】
先日「グラン・ブルー」を見に行ってきました。ず~っと海に入っているような感じ。癒されますね~。3時間も「青」を見つめ続けていると鎮静効果は絶大で、映画館を後にする頃には仕事疲れの嫌な高揚感はおさまって穏やかになっていました(笑)。ストーリーやビジュアルも然ることながら、色の効果の大きさを実感。あ~、夏の地中海に行きたい・・・。
d0029198_22435043.jpg

[PR]
by sa-tommy | 2010-08-29 22:43 | movies

Inception

私を1年待たせた映画。ネタ切れがささやかれ3Dで乗り切ろうという姿勢が見えるハリウッドにおいて、まだこんな新しいネタがあったのですね!!!期待通りです。アイデアの新鮮さと、迫力、速いストーリー展開に息をのみ、それはそれは最高にエキサイトな148分でした。まちがいなく、今夏マスト・ウォッチ映画です。
d0029198_0134641.jpg



[PR]
by sa-tommy | 2010-07-26 00:11 | movies

超日本語吹き替え版

映画「シャッターアイランド」を近所のシネコンに見に行こうとしたら「吹き替え」だという。ありえん・・・。子供向けでもないのに何故吹き替えなんだ?と、なんかスッキリしない。仕方なく「NINE」を観ることにしたのですが、映画館で「超日本語吹き替え版」の意図が明かされたのであります。謎ときがすべてであるこの映画、字幕を追いかけることで重要なメッセージを見落としてしまう!という失態に対する配慮なのだそうです。どんな小さな事も見逃せないなんて、面白そうじゃあ~りませんか!今度は「シャッターアイランド」に決まりです。で、NINEですか?うーむ、微妙。「コケた」が私のジャッジですかね~。
[PR]
by sa-tommy | 2010-04-11 00:40 | movies
d0029198_1164396.jpg
オドレイ・トトゥ主演の「ココ・アヴァン・シャネル」は、その名の通り「シャネルの前のココ」つまりシャネルを立ち上げるまでの彼女生い立ちと前半の人生をメインに描かれています。つまり彼女のスタイル、生き方、そしてそれを支える強さの根底が作られた時代ですね。ストーリーとしてはちょっと引いてしまう部分はあるものの、あの時代にこれだけの功績を残した女性なのだからこの位の強さを持っていなければなしえなかったと思って納得。その強さに勇気をもらいました。オドレイは若くて生き生きとしたココをあの黒い瞳でチャーミングに演じています。


d0029198_117379.jpg
今回の「シャネル&トランヴィンスキー」は、その映画の続きを追う形で進んでいきます。もちろん全く別物の映画ですので作風はガラっと変わります。あまりにも大人なので恋愛偏差値が低い私には共感できる部分が少なかったけれど、不思議と見入ってしまうのですよ。彼女の色はご存知の通り「黒と白」。劇中でも色彩を感じる服を着ていたのは1回(2着)だけでした。究極の色を好んだ所にも象徴されるように彼女はとても潔いのです。失う事を恐れない。もちろん苦悩はあったと思うけど、常に前しか見ていません。凡人の私にはマネできないな~。それにしても主演のアナ・ムグラリス(78年生まれって、う、う、うそでしょーー!?)はなんて美しいんでしょう。もうね~、尋常じゃないですよ、あの知的な美しさは!大人で成熟した女性になったシャネルをエレガントに演じていましたね。そしてあの長い首。何を着ても着こなせる事が約束されているようなものですよね。私なんてあの半分もないんじゃないかな(笑)。そういえば劇中にはアールデコの装飾がたくさん登場しています。見ごたえありです。
[PR]
by sa-tommy | 2010-02-24 01:12 | movies

ゴールデンスランバー

d0029198_171167.jpg
【過去ネタ】物語は非情な裏切りから始まった。さぁ~これからアクション盛りだくさん、大ドンデンの連続で緊迫感溢れた逃走劇が始まるのね!と映画「逃亡者」を想像しながらドキドキ期待するも、一向にハリソン・フォード&トミー・リー・ジョーンズらしき展開にならない・・・。むしろ、あれ?これってコメディだったかしら(^^;)なんて勘違いしちゃう位オチがちりばめられているのですよ。これ以上言うとネタバレになってしまうので控えますが、これは明るくてシリアスすぎない版「逃亡者」と思うと楽しめると思います(笑)。それにしても永島ターミネーターさん・・・。言いたくはないけど、もうちょっと動きにキレがあってもよろしくはないでしょうか(^^;)。
[PR]
by sa-tommy | 2010-02-24 01:06 | movies

シネマ的週末

週末は大人しく静養してました。とは言っても、ただボーっとしているのものうがないのでDVD鑑賞(十分ボーですけど・笑)。久しぶりにTsutayaへGo!。なんと有効期限が1年以上前に切れてました。思えば忙しくって週末家にいるなんてことはほとんどなかったな~。あんまり気になる映画もなくって(どうやら気になる所はちゃんと映画館で見ていたらしい)、とりあえず的に3作品をチョイス。
d0029198_2237189.jpg
【お買いもの中毒な私!】 これはほとんどの女性が大なり小なり共感できるものだと思うな。だって、ショッピングって楽しいもの♪ネガティブな要素を明るく楽しく描きましょうって事で、軽く見られる映画。「プラダを着た悪魔」の時のようにそのオシャレさにワクワクすることなないけれど、主人公の衣装がとてもカラフルなのは楽しい気分にさせます。

d0029198_22373873.jpg
【7つの贈り物】 始まって5分で結末が分かってしまったけれど、それでも最後の30分は号泣。とても重く悲しいストーリーですね。救いも希望もない・・・。と、すると絶望だけの映画っていう事になっちゃうんだけど、そういう訳でもない。最後にエズナが振り返って黒い瞳を見せエミリーと抱き合った所で少し救いはあるんだけど、それでもこれは正しい方法だったのか?と考えさせられます。人を救うという行為は尊いのだけれど・・・。うーむ。こちらを見た方ご意見をください。

d0029198_2238492.jpg
【天使と悪魔】 めちゃくちゃ好みの映画です。この手のストーリーが好きなんです。「ダビンチ・コード」よりも分かりやすいと思う。トリックだけでなくて、ストーリーや設定も不要なものが削られていて本筋に集中できました。ダビンチよりもはるかに好感が持てたのは原作を読んでいないからかもしれないけどね(笑)。原作はもっと知的好奇心がそそられる物と想像します。だからこそ、映画を見るなら読まなくて正解。 見るなら読むな、読むなら見るな。キリスト教には何かとこの手の作品って多いと思うんですけど、他の宗教はあまり見かけない気がするのよね。なんでだろう?
[PR]
by sa-tommy | 2010-02-07 22:35 | movies

AVATAR

d0029198_21551650.jpg
アメリカでの前評判がかなりよかったので行ってみた。
ダンス・ウィズ・ウルブスのち時々ナウシカとラピュタ。ふむ。そんな感じ。ストーリー自体に新鮮さはないけれど、3Dは一見の価値ありかな。

ゴールデングローブ2冠おめでとうございます。
[PR]
by sa-tommy | 2010-01-18 21:54 | movies

プラダを着た悪魔

とにかくウキウキワクワクでオシャレな映画!出てくるお洋服ぜーんぶステキ!!!もぉね~、最初から最後まで本当に楽しい映画なんです。音楽もいいし、テンポもよくって、映像もきれい。そして、メリル・ストリープの存在感と言ったらありません。見事なまでの悪魔ぶり(笑)!!!それでも、あまりイヤミでない所がまたいいですね。本当にみなさんおしゃれさんで、自分もおしゃれしたくなっちゃうんです。おそらく日本橋であの格好をしたら明らかにおかしなことになっちゃうとは思いますけど(^^;)。たくさんの女性に見ていただきたい映画。最後は、心が軽くなって、すがすがしい気分で劇場を後に出来るとお約束します。あ、でも女性限定ですよ(笑)。
d0029198_22113960.jpg

プラダを着た悪魔
☆☆☆☆☆
[PR]
by sa-tommy | 2006-11-23 22:12 | movies

マイアミ・バイス

実はこの映画の予告編を見たときから、これはジェニさまと見ようと勝手に決めさせていただいておりました。だって男くさくって怪しく危ない映画ですもの。これはジェニさましかありえません。
d0029198_1205553.jpg
上気してからまるように圧迫感のある暑さ、匂い立つような怪しさとどこまでもデンジャラスな気配・・・。命がけの任務。そして危険な愛の行方は・・・?おぉー、これぞマイアミなのですね(@p@)!ただのサンシャイン・バカで終わるはずがないのですね。ふむふむ。かなり危険な潜入捜査をこなす特別捜査官ソニーとリコ。彼らはもはや警察官なんかではありません。FBIとかCIAとか位。とにかく本気なんです。それを証拠に、持ってるウェポンが全然違う。だって、冒頭から頭貫通だし、腕飛んじゃうし(^^;)。クライマックスではトレイラー大爆破、激しい銃撃戦の末悪者ほとんど吹き飛んで(飛び散ったりもする)死亡。ハードボイルドすぎ(>.<)。sa-tommyの直感的人選もまんざらではなかったようです。ジェニさま的には「まだまだ!もっとやれ!」レベルだったそうです。ふぃ~、やっぱりスゴイです、ジェニさま。


d0029198_121315.jpg
ソニー(コリン・ファレル)、mojito飲んでましたよ~。ラムベースでミントの香りが爽やか。マイアミに似合う大人なカクテルでございます。以前スペイン人のMさまからご紹介いただいてからは、実は時々飲んでいるのです。主人公たち的には、「mojitoを飲みにキューバまで行く」らしいですけど、私はせいぜい都内orクルーズですかね。あ、でも「雲呑麺を食べに香港へ行く」と同じこと?


マイアミ・バイスの七不思議:アジアンビューティもいいですが、なんでコン・リー?
[PR]
by sa-tommy | 2006-09-14 01:21 | movies

Kinky Boots

おぉー(ToT)。なんて爽やかなのでしょー。終わった時に残る爽快感、幸福感は言葉では表せないですねー。この「ちょっと元気をくれる幸福感」は、リトルダンサーを観た時のそれに似ています。感動とか、お涙とかっていう衝撃的な展開はないけれど、なんかいいんです。とにかく後味バツグンなのです。ローラに会いたい!ローラと友だちになりたいーーーーっ!
d0029198_23335622.jpg

Kinky Boots
[PR]
by sa-tommy | 2006-09-10 23:34 | movies